会費

会費による設備費用負担のお願い

当団体ではネットワーク接続などをご利用頂いている皆様に「会費」として運営費用の一部を2021年から負担して頂くことになりました。

当団体のネットワークは、運営委員の自宅で必要な機材や回線は各自が準備(持ち寄る)スタイルで運用しておりますが、IPアドレスとAS番号の維持費用や、運営委員の自宅以外にある対外接続拠点の維持コストなど、各自の自宅以外に年間30万円-40万円程が掛かっております。

今後も継続して活動を続けていくために、運営費用の一部を利用者の皆様に負担していただく予定です。

会費制度導入に伴う規約更新案

会則改定案

会費についてのFAQ(2021年1月4日現在)

  • 会費の支払いが必要になるのは全員ですか?

当団体の「エンジニアを目指す若手の方に自由に運用できるインターネットを」という趣旨に則り、学生の方は今までと変わらず完全無料とする予定です。学生以外(社会人)の方には会費のご負担をお願いする予定です。また、特別な事情がある場合は会費の支払いを免除する決まりも設ける予定です。

  • 会費の支払いはいつから必要になりますか?

2021年2月-3月頃を予定しておりますので準備ができましたらご案内いたします。

  • 会費の金額はいくらですか?

月額1,000円、年額換算で12,000円を予定しております。

  • 金額の根拠は何ですか?

現在の当団体のユーザ様(50程度)の中で会費をご負担いただける属性の方は、20ユーザ様前後となる見込みです。これらの方に会費をお支払い頂くと、年間20万-25万円程の金額となります。これにより運営委員が現在負担しているコストの50%-70%程度を補うことができると考えております。

  • 会費の利用内容は公開されますか?

毎年、会計報告書を公開いたします。
取引先の会社様とのNDAにより提供金額や詳細について開示しないことを求められているケースもありますので、「大阪拠点 回線費用」といったように一部曖昧な表現を利用しての公開となるものもありますので、あらかじめご了承下さい。

  • 営利目的の利用ができないなどの利用条件は変わりますか?

いいえ、変わりません。
今後も非営利で実験や検証を主な目的としてネットワークを提供いたします。

  • IPアドレスの利用数や接続拠点数で会費の金額は変わりますか?

いいえ、変わりません。
お支払い頂く費用は「接続の対価=利用料金」ではなく、会員の皆様に設備コストの一部をご負担いただく「会費」となります。会費の金額は1組織あたりとなりますので、接続の拠点数や方式、IPアドレスの割り当て数による変動はありません。

  • 個人と所属サークルの両方で当団体に接続がありますが、会費は両方で発生しますか?

はい、両方で発生します。
会費は一会員あたりでお支払い頂く予定です、例えば個人として当団体に接続をしている方が、当団体に接続をしているサークル等に参加されている場合は、個人として1件、サークルとして1件の会費をお支払い頂くことになります。

  • 会費の支払いによりサポートや運用条件は変わりますか?

いいえ、変わりません。
会費のお支払いによりサポートや運用について特別な対応は致しません。今まで通りベストエフォートの対応とさせて頂き、問題の解決などについてを確約するものでありません。

  • 支払い方法はどのような方法を予定しておりますか?

オンラインでのキャッシュレス決済を予定しております。
現在、システムの準備を行っておりますので、準備ができ次第ご案内いたします。